熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設 交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック

エクオールの作用について kenspo通信 No.49

Athleteの名言 

一般社団法人健康スポーツ研究会主催の「第1回nagomiメディカルカップ中学生硬式野球大会」に当院から理学療法士2名が大会サポートで参加しました。大会当日は天候にも恵まれる中、全8チームのトーナメント方式で開催され、優勝は熊谷リトルシニア、準優勝は太田ボーイズでした。
今回の大会は、リトルシニアとボーイズの混合大会とし、球数は1日70球以内、2日間120球以内の制限を設けて開催しました。
今後の選手たちの活躍が楽しみです。          

<優勝:熊谷リトルシニア>

澁澤院長からあなたへ!

今回は「エクオール」の様々な作用についてです。
前回、エクオールにはエストロゲン様作用があるとお伝えしましたが、具体的には以下の薬理作用が報告されています(図参照)。

エストロゲン様もしくは抗エストロゲン作用
閉経前は女性ホルモンであるエストロゲンは多く存在しますので、エクオールはエストロゲン受容体に結合することでエストロゲンの作用を弱めます。
これにより過剰なエストロゲンの作用(例えば乳腺過剰作用=乳癌発生リスク)を抑えます
また閉経後ではエストロゲン作用を示し、エストロゲン低下による更年期障害(手の障害も含め)、骨粗鬆症、脂質異常症などに対して有効です。
抗アンドロゲン作用
男性ホルモンであるテストステロンの代謝物であるジハイドロテストステロンと結合することで男性ホルモンの過剰な作用(前立腺肥大、前立腺癌、脱毛)を抑えます。
③抗酸化作用
しみ・しわ、動脈硬化
に対してもよい効果があります。

現在、二重盲検試験で効果が報告されているのは、更年期症状、骨粗鬆症、メタボリックシンドローム、肌のしわの4種類です。
それ以外の有効性についても今後の臨床研究の進展が期待されます。

最近、国立がん研究センターから15年の追跡調査により「納豆を毎日食べる人はほとんど食べない人に比べて、男女とも脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患による死亡リスクが約20%低い」という研究報告がされました。
これは大豆イソフラボン由来のエクオールの作用と大いに関連があるとも言えそうですね。

メディカルフィットネスfineだより

こんにちは!メディカルフィットネスfineです。
今回はfine1階にある酸素カプセルについてご紹介します。

酸素カプセルで期待できる効果

◯深い眠り
◯効率よく酸素吸収
◯疲労回復
◯リラクゼーション
◯新陳代謝促進
◯コンディショニング

酸素カプセルは気圧を上げることにより、体に取り入れる酸素を増加させます。
多くの酸素を取り込むことができ、普段から酸素不足状態におちいっている方は、一度の利用でもリフレッシュを実感できるでしょう。
継続して利用することによってリフレッシュや作業効率アップなど、多くのメリットを日常的に得ることも可能です。
初めての方限定お試し15分500円で受け付けております。

利用料:お試し15分…500円 50分…会員様1,500円/非会員様3,000円 
酸素カプセル利用は随時受け付けておりますので、お気軽にスタッフまでお声がけください。
明るい笑顔でfineスタッフ一同、ご利用をお待ちしております!!

理学療法士からお知らせ

こんにちは。健康スポーツクリニックリハビリ科です。
今年は暖冬といわれていますが、やはり朝晩は冷えますね。この時期は冷え性に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
体温が1℃下がると免疫力は約30%、基礎代謝は12%低下するといわれており、さまざまな不調を引き起こす原因の1つとされています。
そこで、今回は特に足の冷えを改善してくれるエクササイズをご紹介します。

①足首回し
足の指の間に手の指を入れてしっかり握ります。
そのまま手を使って足首を大きく回しましょう
 
②踵上げ
ゆっくり高く踵を上げ下ろしします。
からだが前へ倒れないように気を付けましょう。
階段など段差で行うとさらにふくらはぎがしっかり使われます。


足首とふくらはぎをしっかり動かして、血行を良くし冷えを改善していきましょう。
テレビを観ながらや家事のちょっとした隙間時間に取り入れて、こまめに動かすようにしましょう。