熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設 交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック

「こんにゃく」について kenspo通信 No.57

Athleteたちの名言
「競技を続ける理由」が明確になれば、
選手に「主体性」や「責任」が生まれます。
それが、厳しい練習や逆境を乗り越える動力になる
<群馬県出身 スキー・ノルディック複合元選手 荻原 健二>
 

澁澤院長からあなたへ!

今回は「こんにゃく」についてお伝えします。
なぜこんにゃく?
→6月より併設カフェにてドクタースムージーの新メニュー「こんにゃくスムージー」の販売が始まりました!!

監修を担当させていただきました。

今回はこんにゃくにちなんだやわらかいお話です。

こんにゃくの元になるこんにゃく芋は東南アジアが原産と言われ、日本へは縄文時代に根菜農耕文化と一緒に伝えられたと考えられています。食用としては奈良時代に中国から仏教とともに伝わったとされますが、一般的に常食化されたのは鎌倉時代以降のようです。
室町時代になると都の路上でこんにゃくが売られ、精進料理にも使われ始めました。江戸時代になるとさらに大衆化が進み、水戸藩の中島藤右衛門がこんにゃく芋を乾燥して粉にする製法を考案し、今日のこんにゃく産業の基礎となりました。大正時代には海藻を混ぜてこんにゃくを作る方法が考案されて、現在の黒っぽいこんにゃくの形状が定着しました。(株式会社関越物産HPより引用)

全国のこんにゃく芋の90%以上が群馬県で生産され、さらにその中でも、群馬北部のエリアが群馬県全体のこんにゃく芋の生産量の75%を占めています。
群馬出身の自分はこんにゃくパークで有名な富岡市や下仁田町が生産量多いと思っていました・・・(-_-メ)
 
こんにゃくがカラダによい理由はいくつかあります。
①便通の改善!:グルコマンナンという食物繊維の水分保持作用
②血糖値の上昇を抑える!:水分膨張したグルコマンナンにより緩徐な消化吸収 
③コレステロールをさげる!:胆汁の再吸収抑制作用 
④大腸疾患の予防!:善玉菌を増やす作用 
⑤肌の保湿!:セラミドの働き 
⑥ダイエットに適した食材!:低カロリーで胃の中で水分を含み膨張して満腹感あり

ただし、こんにゃくだけを食べるダイエットは栄養素不足から不健康となります。
こんにゃくを取り入れたバランス良い食事がよいでしょう。
こんにゃくスムージーは1杯で胃がかなり膨張して満足感が出ますよ!!
トッピングされているきな粉の量でさっぱり度が変わりますので、ぜひ好みに合わせて調整してみてください(カフェ店長には好みで調整できるようにお願いしました!!)。
「こんにゃくスムージー」をどうぞよろしくお願いします(^O^)/

メディカルフィットネスfineだより

こんにちは!メディカルフィットネスfineです。
みなさま、おうちでの時間はいかがお過ごしでしょうか?
おうちだとなかなか運動できない!そんな方も多いのではないでしょうか。
そこでfineでは 『オンラインスタジオプログラム』 を始めました!!!!
オンラインスタジオプログラムでは、ダンスエクササイズやストレッチ&ボクササイズなど、さまざまな種類の運動を配信しております。
運動不足でお困りの方も、おうちでの運動の仕方がわからない方も、気軽に無料でご参加いただけます。おうち時間を有効に使って、ぜひ一緒に運動しましょう!

【参加方法】
メディカルフィットネスfine zoom Cloud Meetings インストール
LINE ID:@wys7073l

fineから届いたLINEに記載されているURLからミーティングに参加!!

理学療法士からお知らせ

こんにちは!健康スポーツクリニックリハビリ科です!

今回は、股関節の付け根とふとももの前側を伸ばすストレッチをご紹介します!
股関節の付け根や前側のふとももが硬いと、腰や股関節に痛みが出やすかったり姿勢が悪くなってしまいます。また、スポーツの際も膝の怪我に繋がりやすいものでもあります。
痛みや怪我を予防するためにも付け根と前側のふとももを伸ばすストレッチを行っていきましょう!

 <付け根・ふとももの前側のストレッチ>
  ①片膝立ちになりましょう
  ②後ろの足を体より後ろに引き、お尻に近づけていきましょう!

 <注意点> 
 ※腰を反らないようにしてください!             
 ※痛みがある場合は無理しないようにしましょう!