熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設 交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック

ヘバーデン結節・ブシャール結節について kenspo通信 No.14

Athleteたちの名言
僕は夢は見ない。
 
常に目標を掲げる。
                 
<松坂 大輔>
  

澁澤院長からあなたへ!

今回は“ヘバーデン結節ブシャール結節”についてです。
これは指の変形性関節症であり、関節の痛みがあり、関節軟骨が擦り減り、見た目が結節状に変形するものです。
指の第1関節に生じるものをヘバーデン結節第2関節に生じるものをブシャール結節と言います。(下図)

Q:体重の負担がかからないのに手指の関節が軟骨消耗して変形するのはなぜでしょうか?
Q:指には根元にもう一つのMP関節という関節がありますが、そこはなぜ変形しないのでしょうか??

解剖学的には第1関節(DIP関節)には深指屈筋腱、第2関節(PIP関節)には浅指屈筋腱が付着して、腱に引っ張られて曲がりますが、MP関節には直接屈筋腱は付着していないという違いがあります。

日本手外科学会の理事で四谷メディカルキューブの平瀬医師によると、ブシャール結節の変形はいきなり起きるわけではなく、その数年前から関節の痛みや腫脹を伴っています。

その場合に多くは屈筋腱の腱鞘炎を正しく治療せずにそのままにしており、第2関節を曲げる浅指屈筋腱がPIP関節を慢性的に強く引っ張ることで痛みが生じており、徐々に関節軟骨が損傷して変形していくとのことです。

更年期以降の女性にブシャール結節が多いは、女性ホルモンであるエストロゲンの低下で腱が浮腫みやすい状態だからです。ヘバーデン結節も似た機序が推測されます。

40歳以上、女性、家族歴あり、手の使用、肥満、メタボリック症候群、脂質代謝異常などとの関連が指摘されていますが、これらは慢性的な腱の浮腫みを引き起こし、エストロゲン低下と関連するものばかりです!!

男性の場合には原因は様々でしょうが、結局は腱が浮腫んで慢性的腱滑膜炎となっていることが原因です。

女性の場合には関節痛や腫脹が出始めた更年期初期に適切な治療をすれば、変形を予防できるでしょう。

次回は各疾患の初期から末期の治療についてです。

Café matsubokkuriだより

「食べることは生きること」「生きることは食べること」
私たちは、食べ物を食べることなしで、生きていくことができません。

食べていくことで、私たちは生きていくことができるのです
「いただきます」には二つの感謝の気持ちがこめられています

・生きているものの命をいただいていることへの感謝の気持ち
・食べ物が食卓に並ぶまでに関わったひとたちに対する感謝の気持ちで食事をします
「ごちそうさまでした」

・好き嫌いせず残さずたべるという感謝の気持ちで食事を終えるのです

理学療法士からお知らせ

皆さん、こんにちは!!健康スポーツクリニックリハビリテーション科です。
今回は〝反り腰〟でお悩みな方にオススメなエクササイズをお伝えしたいと思います。
常に反り腰の状態が続いてしまうと、腰痛やぽっこりお腹などの原因となってしまいます。

では、反り腰を改善するためにはどうすれば良いか?? 
それはお腹の筋肉を鍛えてあげることが重要となってきます。
ぜひ今回お伝えするエクササイズを行い、反り腰やぽっこりお腹を改善していきましょう!!

<反り腰改善エクササイズ>
スタート:腰の下にタオルを引いて、そのタオルを引っ張っても抜けないようにしましょう!!
*背中と床の間に隙間があると、タオルが抜けてしまいます

動作:スタートの状態をキープしたまま片足ずつ上げ下げします!!
左右10回ずつがオススメです