熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設

交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

コンテンツ

お知らせ

診察予定曜日のお知らせ

☆毎週木曜日は手術日の為、澁澤先生の診察はありません。
※木曜日はメディカル会員の生活習慣病外来:北原先生の診察のみになります。

診療時間変更・休診について

12月21日(土) 午後休診
12月28日(土) 午後休診

年末・年始の休診日は、12月29日~1月3日です。
年始は1月4日(土)から診療いたします。
ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

新着健スポ通信全ての健スポ通信はこちら

Athleteたちの名言
完璧です。アップから負ける気がしなかった。
   
ご褒美だと思います。
   
苦しんで頑張ったかいがあった。
           
<水泳選手 瀬戸 大地>
 
2019年7月25日水泳世界選手権200M個人メドレーで自己ベストを更新し、
東京オリンピック代表内定1号となった時のコメントより

澁澤院長からあなたへ!

今回は「水泳肩」についてです。
水泳肩は1974年にKennedyらが水泳選手に肩関節痛が多いことから名付けました。
過去の日本オリンピックチームの報告によると過去に肩痛が69.9%あり、調査時の肩痛は23.7%であったそうで、肩に不調がある選手は多いようです。
その原因は広く言うと肩がひっかかる「肩インピンジメント症候群」ですが、その中身は滑液包炎、腱板症、腱板部分断裂、関節唇損傷などが含まれます。
クロールでのストロークは水中動作の「プル期」水上で手を戻す「リカバリー期」に分けられます(写真)。
(八木:2007)

トップレベルの水泳選手は1日で12000m程度泳ぐので、6000回以上も腕を回していることになります!

実はその運動は肩を支点として腕を回しているのではなく、手を支点として体を前進させている運動なのです。

肩関節痛は多くがプル期前半に生じています。水泳選手はもともと関節が柔らかい人が多いですが、逆に柔らかいと関節不安定性や肩関節痛の危険性もあります。疲労などで肩後方組織や肩甲骨周囲筋が硬くなると、関節内でひっかかりが生じたりします。

水泳に限ったことではありませんが、肩の機能は上半身すべてが重要ですので、日常トレーニングにストレッチ中心の予防プログラムを組み込んで行うことが望まれます。

メディカルフィットネスfineだより

こんにちは!メディカルフィットネスfineです
ロコモという言葉を耳にした事はありますか?
ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の通称です。
骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で「立つ」「歩く」といった機能(移動機能)が低下している状態のことをいいます。
ロコモが進むと日常の生活が制限され、さらに悪化すると、支援や介護が必要になる可能性が高くなります。要支援、要介護になる原因のトップは転倒、骨折や関節の病気など運動器の故障であることはあまり知られていません。
メディカルフィットネスfineでは、ロコモ度を調べる立ち上がりテストが行えます。
会員でない方も行えますので興味のある方は是非お気軽にfineにお越しください!
最後に簡単なロコトレを1つご紹介します! 
1日の目安:左右1分間ずつ1日3回毎日行いましょう!

POINT
・姿勢をまっすぐにして行うようにしましょう。
・支えが必要な人は十分注意して、机に手や指をついて行います。
・指をついただけでもできる方は、机に指先をついて行います。

その他スクワット等も効果的です。無理なく日常生活に運動を取り入れましょう!
継続することが1番大切です★

理学療法士からお知らせ

皆さんこんにちは!!健康スポーツクリニックリハビリテーション科です。
今回は普段、デスクワークや家事仕事で首や肩が凝ってしまう、猫背気味の方にオススメな肩のストレッチをご紹介したいと思います。まず肩の前側の筋肉が硬くなることによって、肩が前に引っ張られて猫背のような姿勢になりやすくなってしまいます。猫背のような姿勢になることで、首の後ろや肩周りの筋肉が硬くなってしまい、慢性的な凝りに繋がってしまうんです。
なのでしっかり肩の前側をストレッチして、猫背にならないようにしていくことが大切です。
首や肩が凝っている方や、猫背が気になる方は今回のストレッチをやってみてください!!

《ストレッチ》
①まず写真のように横向きに寝て、上の手を頭の後ろへ!!
②そこから上体をひねって、胸を広げていきます!!その時に肩の前がストレッチされます。
 広げた状態を10秒キープしたら①の姿勢に戻っていきます
【回数】左右10回ずつやっていきましょう *腰に痛みがある場合は無理に捻らないように!!

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック
健康スポーツクリニック MEDICAL SPORT CLINIC

当施設のコンセプトは「医療」「スポーツ」「食」の融合です。皆様の体を健康にしたいという思いから生まれたコンセプトです。

当クリニックの役割は整形外科の⼀般診療を行うだけでなく、日常生活に運動<スポーツ>を取り入れて外傷や障害、生活習慣病を予防・改善させ、体の健康を維持できるような環境を提供することであり、そのため施設内に医療法42条施設であるメディカルフィットネス“fine”を併設しました。

ここでは様々な年齢層やスポーツ種の⽅への対応が可能です。

生活習慣病の方を対象に疾病予防・改善のための運動プログラムを中心とした総合的な治療管理を行います。中高年者のロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防・健康体力維持にも利用していただきたいと思います。

また手術室を完備し、日帰り手術を行います。
対象は上肢(手・前腕・肘)を中心として局所麻酔・伝達麻酔で対応な手術となります。入院を希望されない⽅のニーズに応えられるよう積極的に行います。

交通アクセス/地図

〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
地図

関連施設のご案内