熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設

交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

コンテンツ

お知らせ

休診のお知らせ

7月10日の午後は診察がお休みとなります

診察予定曜日のお知らせ

☆毎週木曜日は手術日の為、澁澤先生の診察はありません。
※木曜日はメディカル会員の生活習慣病外来:北原先生の診察のみになります。

新着健スポ通信

Athleteたちの名言
努力すれば報われる?そうじゃないだろ。
 
報われるまで努力するんだ。
 

                 
<リオネル・メッシ>
  

澁澤院長からあなたへ!

今回は“腱鞘炎(ばね指)の手術加療”についてです。

前回お話した保存加療で症状がよくなり、手術をしなくても済むことが一番です。
腱鞘炎に対しての腱鞘ストレッチ(理学療法)を毎日続けられれば・・・
注射効果は抜群ですがそれがずっと持続すれば・・・

残念ながらこれらの期待に反して、長期的には再発がしばしば起こります。注射した方では半年で約50%に再発を認めています。2回目にはどう対応するか?
1回目の治療から半年以上経過していれば再度注射してもよいでしょう。しかしまた同様な経過をたどる可能性があります。

そのような場合、腱鞘炎を根治するには手術が必要です。
日々手指を使うことで腱が動いて腱鞘というトンネルで炎症をきたします。手術でトンネルを開放してあげると、腱はスムーズに動いて炎症も軽減して痛みが改善します。

中途半端な症状が長期に持続すると、腱が完全に肥厚してしこりを形成し、第2の腱鞘部で通過できなくなり、関節が伸びなくなり、最終的に関節自体が硬くなります。こうなると通常の手術ではなく、腱を一部切除する手術が必要で、術後にリハビリも必要となり、改善までに時間がかかります!

手術で一度しっかり改善すれば再発は100%ないという海外の報告もあります。
難治性の状態にならないうちに治療をしっかり行うことが重要です。

Café matsubokkuriだより

人参の葉っぱには、どんな栄養があるの?

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンⅭ、鉄、カルシウム。
キャベツと比較すると、ビタミンAは34倍、ビタミンEは11倍、カルシウムは2.1倍多く含まれています

ビタミンAの摂取量が不足すると?

ビタミンAは皮膚、粘膜、目の健康に関わるビタミンです。
不足すると暗いところで物が見えにくくなる夜盲症になる事が有名です。
他にはドライアイ、肌がかさつく、口内炎、爪がもろくなるなど。

~やってみよう~

普段すててしまう人参のヘタを皿か豆腐のパックにいれて水を入れるだけ。何日かするとみずみずしい芽が出てきて感動しますよ✨
芽はみそ汁にポンっと入れれば彩りきれいです。

理学療法士からお知らせ

みなさんこんにちは!今回はSever病(シーバー病)について簡単にお伝えします!

Sever病(シーバー病)とは?

・8歳~13歳の活発な発育期の男の子に多く、運動時や運動後にかかとの痛みが出現し運動を休むと痛みが少なくなるのが特徴です。
・ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)や足の裏側の筋肉(足底筋)は踵骨(かかと)に付着しているのですが、この下腿三頭筋や足底筋によってかかとの骨が過度に引っ張られている状態が続くことがひとつの原因として挙げられます。

※子供のかかとは骨端線があり(大人はない)成長過程の段階で他の骨と比較し柔らかく引っ張られるストレスを受けやすい

簡単な予防チェック

・しゃがみ込み(床にかかとをつけた状態でしゃがみ込めるか)
・FFD(床に手の指先がつくかどうか)

予防(対策)

・太ももの後ろ側・ふくらはぎのストレッチ
・足の裏のマッサージ(テニスボール使用して)

※ストレッチは30秒~60秒 ゆっくりと伸ばしましょう!

現在Sever病(シーバー病)で満足に運動が出来ていない方、また予防チェックに当てはまる方は実践してみましょう!

新着情報

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック
健康スポーツクリニック MEDICAL SPORT CLINIC

当施設のコンセプトは「医療」「スポーツ」「食」の融合です。皆様の体を健康にしたいという思いから生まれたコンセプトです。

当クリニックの役割は整形外科の⼀般診療を行うだけでなく、日常生活に運動<スポーツ>を取り入れて外傷や障害、生活習慣病を予防・改善させ、体の健康を維持できるような環境を提供することであり、そのため施設内に医療法42条施設であるメディカルフィットネス“fine”を併設しました。

ここでは様々な年齢層やスポーツ種の⽅への対応が可能です。

生活習慣病の方を対象に疾病予防・改善のための運動プログラムを中心とした総合的な治療管理を行います。中高年者のロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防・健康体力維持にも利用していただきたいと思います。

また手術室を完備し、日帰り手術を行います。
対象は上肢(手・前腕・肘)を中心として局所麻酔・伝達麻酔で対応な手術となります。入院を希望されない⽅のニーズに応えられるよう積極的に行います。

交通アクセス/地図

〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
地図

関連施設のご案内