熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設

交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

コンテンツ

お知らせ

診察予定曜日のお知らせ

☆毎週木曜日は手術日の為、澁澤先生の診察はありません。
※木曜日はメディカル会員の生活習慣病外来:北原先生の診察のみになります。

新着健スポ通信全ての健スポ通信はこちら

Athleteへの復活

今回紹介する肩の故障から復活したアスリートは2019年9/26(木)に481日
振りに1軍復帰を果たした東北楽天イーグルスの佐藤由規投手です。
仙台育英高校時代は、2年の夏から3期連続で甲子園出場。3年夏には155Km/hを計測。
2008年、高校卒業後にヤクルトスワローズへ入団しました。
プロ3年目に自己最速の161Km/hを計測。しかし2011年に右肩腱板を傷め、長いリハビリ期間を経て2016年に1786日振りの勝利を挙げました。
しかし2018年に右肩の違和感からヤクルトスワローズを戦力外となり、2019年地元球団の東北楽天イーグルスに入団して上記の通り見事に1軍復帰を果たしました!
若くして右肩の痛みに悩み苦しんできた彼の、来季の活躍を期待したいですね。

澁澤院長からあなたへ!

今回はリトルリーガーショルダーです。
これは投球による急激な捻りの力が肩に繰り返し加わり、成長期の上腕骨の肩に近い部位にある成長軟骨板の部分に生じる一種の骨折です。
上腕骨の骨頭は成人では通常30°ほど後ろを向いています。
これは成長とともに角度は減り、胎児(78°)、4カ月-4歳(65°)、10-12歳(38°)との報告があります。
投球動作を行ったことのない肩は上記の経過をたどりますが、投球肩では小・中学生は 48°と非投球側に比べ大きく、 成人でも 39°と大きい値を示します。
これらの結果より、 投球動作での捻り力は一連の骨成長を障害するほどの影響を与える力であると言えます。

レントゲン検査では外側型・全体型・すべり型の3つの型があります。

レントゲンで損傷部が修復までの期間は2~12カ月(平均:4.3カ月)と幅が広いのですが、レントゲン的な経過は一般に良好であり、投球を再開する目安はレントゲンでの修復像ではなく、症状で判断しています。
実際にこの方法で投球を再開しても復帰後の再発はなかったと報告されています。

痛みをとるために投球を制限している期間はリハビリを行うことが重要です。
発症要因としては体の硬さのため投球時に肩以外の部分の捻りが少なく、代償性に肩の捻りが大きくなるためです。
理学療法で肩の負担を減らすために股関節・体幹(特に胸椎・胸郭)・肩甲骨などの柔軟性を高めることをしっかり行います。

Café matsubokkuriだより

みなさんこんにちは!
今年も残り3ヶ月となりましたね!
10月で健康スポーツクリニック・メディカルフィットネスfine・cafeまつぼっくりは3周年を迎えました!
さて、3周年を迎えるにあたり、メディカルフィットネスfineの設備であるinbody(体成分分析装置)が会員様に限り、10月より無料で測定が出来るようになります。
ご自身の身体の状態を1ヶ月に1回チェックしましょう!

〜inbodyとは〜
体内に微弱な電流を流し、その電気抵抗によって身体の状態を調べる機械です。
主にチェックするのは体重、全身の筋肉量、体脂肪の量になります。
特にダイエットをしたい時、体重が減ったからといって、筋肉量が減った結果では脂肪を落としたとは言えません。
そういった身体の中身、バランスをチェック出来るのがinbodyになります!ぜひご活用ください!
計測は約2分程度終わります。利用方法等、分からないことはスタッフにお問い合わせください。

理学療法士からお知らせ

みなさんこんにちは!健康スポーツクリニックリハビリテーション科 黒木です!
今回は肩関節に必要な肩甲骨(前鋸筋)の筋力強化についてお伝えします。
肩関節の動きは上腕骨・肩甲骨・脊柱から構成されており、可動域(動く範囲)が大きい関節です。
しかし構造上としては非常に不安定であり、どこかの機能が落ちてしまうことで肩関節の痛みや引っかかり感など様々な症状を引き起こします。
今回お伝えする前鋸筋は肩甲骨の安定性に必要な筋肉で、前鋸筋の働きにより肩関節の動きの土台である肩甲骨が安定することで上腕骨(腕の骨)の動きをサポートしスムーズにする働きがあります。

<前鋸筋エクササイズ 10回×3セット>            
※今回の写真では棒を使用していますが、タオルでも代用可

・肘を伸ばした状態で肩甲骨を床から離して突き上げていきます。
・肘が曲がらないように肩甲骨を床へ降ろしていきます。

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック
健康スポーツクリニック MEDICAL SPORT CLINIC

当施設のコンセプトは「医療」「スポーツ」「食」の融合です。皆様の体を健康にしたいという思いから生まれたコンセプトです。

当クリニックの役割は整形外科の⼀般診療を行うだけでなく、日常生活に運動<スポーツ>を取り入れて外傷や障害、生活習慣病を予防・改善させ、体の健康を維持できるような環境を提供することであり、そのため施設内に医療法42条施設であるメディカルフィットネス“fine”を併設しました。

ここでは様々な年齢層やスポーツ種の⽅への対応が可能です。

生活習慣病の方を対象に疾病予防・改善のための運動プログラムを中心とした総合的な治療管理を行います。中高年者のロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防・健康体力維持にも利用していただきたいと思います。

また手術室を完備し、日帰り手術を行います。
対象は上肢(手・前腕・肘)を中心として局所麻酔・伝達麻酔で対応な手術となります。入院を希望されない⽅のニーズに応えられるよう積極的に行います。

交通アクセス/地図

〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
地図

関連施設のご案内