熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設

交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

コンテンツ

お知らせ

お盆時期の診療スケジュールについて

8月13日〜15日のお盆期間が休診となります

診察予定曜日のお知らせ

☆毎週木曜日は手術日の為、澁澤先生の診察はありません。
※木曜日はメディカル会員の生活習慣病外来:北原先生の診察のみになります。

新着健スポ通信

Athleteたちの名言
正解はひとつではない以上、
 
自分たちにとって都合よく解釈してもいい。
 
いまピンチに感じることも、飛躍するチャンスかもしれない。
 

                 
<平尾 誠二>
  

澁澤院長からあなたへ!

今回は“手根管症候群”の治療についてです。
この疾患の方が何もしないで5年様子をみた場合どうなるでしょうか?
症状が「およそ5割で変化なし、3割で自然改善、2割で悪化あり」という報告があります。
これを解釈するとたった3割くらいの方しか自然改善しない疾患であるが、逆に8割くらいの方はそうそう悪化するものでもないと言えます。
この事を認識した治療が必要で、困るような症状であるなら以下の積極的治療を受けた方がよいでしょう。

保存加療の中で効果が認められるものは腱の浮腫みを改善させることができるものです!!

①内服剤:更年期であればエクオールも試してもよいでしょう(当院で購入できます)。
ステロイド内服は腱滑膜炎が異常な際には投薬します。

スプリント(手首のサポーターなど):手首を安静にすることで手指の屈筋腱の動きを最小限にして腱滑膜炎を軽減させます。
装着して3か月経過して約54%、18か月では75%に改善を認めるが、その途中に41%が手術治療を受けた、という報告があります。短期的には一定の効果があると言えそうです。

手根管内注射:トリアムシノロンというステロイドの長期作用で腱の浮腫みを抑えられ、神経の圧迫が緩和されます。
これも短期間的には一定の効果があります。

保存加療で緩和しない困る症状があるなら手術がよいでしょう!

手術はすべての治療の中で最も成績のよい治療法です。
腱滑膜炎による腱のボリュームが減らすことができなければ、手根管というトンネルを開放して空間を広げてあげればよいわけです。
当院の手術は局所麻酔の日帰り手術です。
小切開法にて約1.5cmの創で15分程度で完了します。
術後3か月程度で80%の方が症状の軽減が得られます。
手根管が広くなるため、いったん改善すれば、再発はほとんどありません。

神経は圧迫される期間が長いほど神経のダメージが蓄積され、回復しにくくなります。
診断を早く受けた上で経過を見ながら治療の判断が必要な疾患なのです。

Café matsubokkuriだより

トマトの硬い皮が気になる方必見!
デザート感覚で甘~くツルんとたべられます

ミニトマトのはちみつレモン漬け


・ミニトマト10個程度
・はちみつ大さじ一杯
・レモン汁大さじ一杯
ミニトマトのヘタをとり沸騰した湯にいれて湯むきをします
(皮がはがれたら氷水にうつして皮をむきます)ツルツルとむけます♪
タッパーに皮をむいたトマト、はちみつ、レモン汁をいれて冷蔵庫で冷やすだけです
※カフェまつぼっくりではレモン汁の代りにオリジナル手製レモン酢で漬け込んでおります
最近の夏はとても暑い日が続き、毎日のようにテレビのニュースで熱中症や夏バテの対策方法などを流しています。
夏バテ防止にはタンパク質やミネラル、ビタミンをとることが大切ですが、トマトにはこの栄養が含まれているので、意識して食べてみてはいかがでしょうか。

トマトの旬は6月~9月。旬のものを食べましょう

理学療法士からお知らせ

皆さんこんにちは、理学療法士の三澤です。

今年の夏は記録的な暑さとなっており、熊谷も最高気温41.1℃を記録して日本一を奪還しましたね。
暑さで寝苦しい夜が続いていますが、睡眠不足は熱中症になるリスクを高めてしまいます。
室温調整や服装も大切ですが、今回は体をリラックスさせてくれるお休み前の簡単な呼吸法をご紹介します。

その呼吸法とは、腹式呼吸です。
腹式呼吸によって横隔膜を動かすことで、副交感神経が優位に働きリラックスさせてくれます。
呼吸のテンポは「吸う-止める-吐く」を「3秒-2秒-5秒」または「6秒-4秒-10秒」で行ってみましょう。

吸った時に胸とお腹が膨らみ吐いた時に凹みます
(風船のようなイメージです)
胸とお腹に手をあてて動きを確認しながら行いましょう

新着情報

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック
健康スポーツクリニック MEDICAL SPORT CLINIC

当施設のコンセプトは「医療」「スポーツ」「食」の融合です。皆様の体を健康にしたいという思いから生まれたコンセプトです。

当クリニックの役割は整形外科の⼀般診療を行うだけでなく、日常生活に運動<スポーツ>を取り入れて外傷や障害、生活習慣病を予防・改善させ、体の健康を維持できるような環境を提供することであり、そのため施設内に医療法42条施設であるメディカルフィットネス“fine”を併設しました。

ここでは様々な年齢層やスポーツ種の⽅への対応が可能です。

生活習慣病の方を対象に疾病予防・改善のための運動プログラムを中心とした総合的な治療管理を行います。中高年者のロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防・健康体力維持にも利用していただきたいと思います。

また手術室を完備し、日帰り手術を行います。
対象は上肢(手・前腕・肘)を中心として局所麻酔・伝達麻酔で対応な手術となります。入院を希望されない⽅のニーズに応えられるよう積極的に行います。

交通アクセス/地図

〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
地図

関連施設のご案内