熊谷市の健康スポーツクリニック 上肢の日帰り手術ができる施設

交通アクセス
KENSPO
健康スポーツクリニック
MEDICAL SPORT CLINIC 〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
診療時間
8:45~12:00---
14:30~18:30----
14:00~17:00-------
お問い合わせ 048-501-5656 - 休診日 -
水曜日・日曜日・祝祭日

コンテンツ

お知らせ

診察時間の変更

  • 6月8日(土)の午後診療受付時間は16時までとなります。
  • 6月22日(土)の午後は休診となります。

診察予定曜日のお知らせ

☆毎週木曜日は手術日の為、澁澤先生の診察はありません。
※木曜日はメディカル会員の生活習慣病外来:北原先生の診察のみになります。

新着健スポ通信全ての健スポ通信はこちら

Athleteたちの名言
最後は気持ちが強い人間が
勝ちを取ることができるんだなって
つくづく実感しました。
<ソフトボール 上野 由岐子>
  

澁澤院長からあなたへ!

今回は「肩関節周囲炎=五十肩」についてです。
「五十肩」という名は江戸時代、1797年に発行された俚諺集覧(りげんしゅうらん)という書物の中に、「凡、人五十歳ばかりの時、手腕、骨節の痛むことあり、程すぐれば薬せずして癒ゆるものなり、俗にこれを五十腕とも五十肩ともいう。又、長命病という」と記載があり、これが日本における五十肩に関して最も古い記載とされているようです。
50歳前後で発症しやすい肩の痛みであり、日本人の平均寿命が50歳を超えたのは戦後の1947年になってからですので、江戸時代の平均寿命=30~40歳!!(乳幼児の死亡が多かったため)からすると、長生きの人に発症するとされていたようですね。
五十肩の定義は歴史的に医師の間でも様々であり、混乱している経緯がありました。現在では怪我などの明らかな原因のない痛みを伴い、肩関節の動きが制限(拘縮)される状態を五十肩と言います。50歳前後の方の肩が痛くなることと五十肩は決して同じではありません!!

Q.ではなぜ五十肩になるのでしょうか?
加齢という曖昧な答えは間違いだと思います!それは70歳以上の人にはほとんど五十肩は起こらないからです。
≪人は40歳くらいを過ぎると姿勢を保つ体幹筋力の衰えや下肢の柔軟性が低下し、図のような姿勢異常のいずれかになりがちです。すると背中が丸くなり柔軟性が低下し、肩の動きに重要な胸郭や肩甲骨の動きが悪くなります。すると腕を持ち上げる際に上腕骨が動きますが肩甲骨がついてこれず、肩の関節で肩甲骨と上腕骨がお互いにぶつかる(インピンジメントと言います)ことを繰り返すことで炎症を来す≫が五十肩の原因の答えです。
壮年期から中年期に体が老化すること(姿勢が悪い)と肩の老化の間にギャップ(肩は若いまま)があると発症しやすいのかもしれません。すなわち体幹姿勢の老化が先行し、肩も姿勢に合わせて早く老化せよといわんばかりに炎症を来すのでしょうか。

次回以降は症状の特徴や治療について述べていきます。

Café matsubokkuriだより

ドクターとのコラボドリンク第2弾!!骨粗鬆症対策に!!青汁スムージー

今回はまつだ整形外科クリニック副院長の岡田先生とのコラボドリンク!
カルシウムを多く含む食材を一杯に凝縮し、今までで一番沢山の野菜を使用しております。
皆さんにお勧めするスムージーですので、お試しくださいませ!

食材→りんご・ケール・にんじん・パイナップル・抹茶・ヨーグルト・オリゴ糖

ケールとは。。。。
●骨粗鬆症予防      
●老化の予防効果
●生活習慣病の予防    
●睡眠の質を改善する働き

理学療法士からお知らせ

皆さんこんにちは。リハビリテーション科です。
今回は、前号のチェックで肩が前に出ているかなと感じた方、からだが捻りにくいかなと感じた方にお勧めのストレッチをご紹介します。
このストレッチを行うことで、背骨や肩甲骨、胸郭など様々な部位が動いて肩の位置を整えてくれます。
3つの姿勢をご紹介しますので、やりやすく肩関節に強い痛みが出ない姿勢で行ってください。

横向きになり上の足を曲げて前へ出します。
下半身が後ろへ倒れないよう気を付けながら、上半身を天井に向かって捻っていきます。
ゆっくり10回繰り返し、最後は捻ったまま力を抜いて30秒止めましょう。

ポイント:
・肩や手だけを後ろへ引かないよう、背骨から上半身全体を動かしていきましょう。
・腰から捻るのではなく、背中から捻るようイメージしましょう。
・朝起きる前や寝る前など、日常生活の中に取り入れてみましょう。

施設のご案内

  • 健康スポーツクリニック
  • メディカルフィットネスfine
  • カフェマツボックリ
  • まつだ整形外科クリニック
健康スポーツクリニック MEDICAL SPORT CLINIC

当施設のコンセプトは「医療」「スポーツ」「食」の融合です。皆様の体を健康にしたいという思いから生まれたコンセプトです。

当クリニックの役割は整形外科の⼀般診療を行うだけでなく、日常生活に運動<スポーツ>を取り入れて外傷や障害、生活習慣病を予防・改善させ、体の健康を維持できるような環境を提供することであり、そのため施設内に医療法42条施設であるメディカルフィットネス“fine”を併設しました。

ここでは様々な年齢層やスポーツ種の⽅への対応が可能です。

生活習慣病の方を対象に疾病予防・改善のための運動プログラムを中心とした総合的な治療管理を行います。中高年者のロコモティブシンドローム(運動器症候群)の予防・健康体力維持にも利用していただきたいと思います。

また手術室を完備し、日帰り手術を行います。
対象は上肢(手・前腕・肘)を中心として局所麻酔・伝達麻酔で対応な手術となります。入院を希望されない⽅のニーズに応えられるよう積極的に行います。

交通アクセス/地図

〒360-0203 埼玉県熊谷市弥藤吾122-1
地図

関連施設のご案内